「神社巡り・第1回大神神社」見学の前に

2013.11.07.16:36

新企画シリーズの前に、「神道発祥の地」と言われる壱岐の月読み神社と神話に登場する対馬の「和多都美神社」に行ってきました。
古来より大陸との中継地として重要な対馬には、金田城跡(かなたのき城)といわれる日本で最古級の城跡・・・・・・白村江の海戦にやぶれた中大兄皇子が、国のまもりの最前線として築かせた・・・・など歴史遺産も多くありました。対馬の一之宮は、海の守護神豊玉姫命を祀る「木坂海神神社」があります。神話に登場する和多都美神社は、豊玉姫命と、「海彦山彦」の神話で知られる彦火々出見尊(ひこほほでのみこと)を祭神とされる海宮です。海に面して立つ鳥居は、大潮の満潮時には2mも海中に沈みます。三つ鳥居がありました。
神社巡り2社2013 001

10月には熊野三山 熊野本宮大社・速玉大社・那智大社と青岸渡寺を巡り、いにしえ人の信仰を体感しました。
熊野の原生林の中には、神代の時代に熊野の地を治めた天孫系神別諸氏の「日神信仰」によって創立した本宮大社があります。「熊野信仰」とは、太陽の黄泉返りを願う信仰だったのですね。

速玉大社は、熊野権現最初の降臨地とされる神倉山に祀られていた神を映した社地と書かれています。また、那智大社は、権現信仰の下に、神仏習合を広めた古社です。奈良・平安時代より「熊野行幸」が催された古道は今も祈りの道として信仰が絶えません。石畳みの大門坂では「平安装束」の若者に出会いました。  天の川

神社巡り2社2013 002

関連記事
スポンサーサイト

comment

Secret

No title

2013.11.09.07:12

 熊野三山社の写真の「のぼり」は三足烏「ヤタガラス」ですね。
この社はどこでしょうか?
三足烏といえば、朱蒙が創った高句麗のシンボルとして韓流ドラマ、「朱蒙」の場面によくでてきていましたね。また古代朝鮮王朝の始祖は卵から生まれたなどの説話に接して見ると、ずいぶん日本神話「記紀」との共通性を感じ、改めて日本文化が中国や朝鮮半島に大きく影響されていたのだなと思います。
プロフィール

さんりょうかい

Author:さんりょうかい
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
ブロとも一覧
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR